コタツ 炬燵 省スペース おしゃれ ノルディック ボア m_b 230x190cm こたつ用掛け布団 〔ルーツ〕 こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット [宅送] コタツ 炬燵 省スペース おしゃれ ノルディック ボア m_b 230x190cm こたつ用掛け布団 〔ルーツ〕 こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット [宅送] ノルディック,こたつ用掛け布団,炬燵,インテリア・寝具・収納 , こたつ用布団・カバー , こたつ用掛け布団,〔ルーツ〕,省スペース,コタツ,省スペース,ボア,おしゃれ,9030円,こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット,vehicles.jlkauto.ca,[m_b],/beef108793.html,230x190cm 9030円 コタツ 炬燵 省スペース おしゃれ ノルディック ボア 省スペース [m_b] こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット 〔ルーツ〕 230x190cm こたつ用掛け布団 インテリア・寝具・収納 こたつ用布団・カバー こたつ用掛け布団 ノルディック,こたつ用掛け布団,炬燵,インテリア・寝具・収納 , こたつ用布団・カバー , こたつ用掛け布団,〔ルーツ〕,省スペース,コタツ,省スペース,ボア,おしゃれ,9030円,こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット,vehicles.jlkauto.ca,[m_b],/beef108793.html,230x190cm 9030円 コタツ 炬燵 省スペース おしゃれ ノルディック ボア 省スペース [m_b] こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット 〔ルーツ〕 230x190cm こたつ用掛け布団 インテリア・寝具・収納 こたつ用布団・カバー こたつ用掛け布団

コタツ 営業 炬燵 省スペース おしゃれ ノルディック ボア m_b 230x190cm こたつ用掛け布団 〔ルーツ〕 こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット 宅送

コタツ 炬燵 省スペース おしゃれ ノルディック ボア 省スペース [m_b] こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット 〔ルーツ〕 230x190cm こたつ用掛け布団

9030円

コタツ 炬燵 省スペース おしゃれ ノルディック ボア 省スペース [m_b] こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット 〔ルーツ〕 230x190cm こたつ用掛け布団







適応こたつ天板サイズ:~130cmx~90cm
【カラーバリエーション】
グレー・イエロー・レッド

【仕様】
表地:アクリル100%
裏地・中綿:ポリエステル100%

【サイズ】
230x190cm
重量:中綿0.26kg

株式会社ナカムラ(U0100163)

【配送区分】メーカー直送
【送料】送料込
沖縄及び離島は配送不可

北欧柄スローケットと過ごす冬スタイル
こたつで使えるニット製スローケット
〔ルーツ〕

商品について:
北欧柄スローケットでつくる、おしゃれな冬のくつろぎ空間。
新しいこたつスタイルの決め手は柄とボリューム感!こたつは場所を取る、ちょっと野暮ったい、そんな思い込みありませんか?
実はこたつとスローケット一枚でグッとこなれたカッコ可愛い空間だって作れるのです。この冬、もっと暖かく、とびきりオシャレなお部屋時間を楽しみませんか?
ボリュームのあるこたつ布団をスローケットに替えるだけで軽やかでスマート!温かみのあるニットファブリックをプラスすることでお部屋にぬくもり感もアップ。ノルディック模様がお部屋のスパイスに!
細やかな模様編みのニットは衣料品にも用いられるラッセル編みで、ふんわりした風合い。裏地にはふわふわシープ調の生地を。マイクロファイバーの中でも空気を含む一番暖かく感じた素材を選びました。
こたつ以外にもソファカバーやブランケットとして、寒がりさんは省スペース型のこたつ布団のカバーとしてなど使い道イロイロ。スタイリッシュな冬をどうぞ♪

コタツ 炬燵 省スペース おしゃれ ノルディック ボア 省スペース [m_b] こたつで使える北欧柄ふんわりニット製スローケット 〔ルーツ〕 230x190cm こたつ用掛け布団

四字熟語の意味や読み方などを調べることができる辞書サイトです。
五十音、使われている漢字、共通の場面や用途などから四字熟語を探すことができます。

2021年9月時点の収録四字熟語は
6384」です。

検索

更新情報

検索メニュー

当サイトについて

四字熟語は「仏教語」「中国の故事、格言」その他いろいろな成り立ちの言葉があります。
普段の生活の会話の中で四字熟語が使われる場面も少なくありません。
当サイトは数多くの四字熟語を収録し、共通する場面や意味別での一覧表もご覧いただけます。
当サイトを通じて「四字熟語」に対する理解を深めていただけると幸いです。